2020年02月09日公演 小泉八雲朗読のしらべ  演目『怪談  恐怖の底より聴こえる救いの呼び声』

  • 公演日で探す
  • 発売日で探す
  • 音楽ジャンルで選ぶ
  • チケット発売日で探す

佐野史郎<脚本・朗読> 山本恭司<音楽> 小泉凡<講演>

小泉八雲朗読のしらべ 演目『怪談 恐怖の底より聴こえる救いの呼び声』

2020/02/09(Sun)  OPEN 15:30  START 16:00

自由席/整列順入場

お問合せ先:
チキンジョージ 078-332-0146

協賛:Studio KAREN Limited

小泉八雲朗読のしらべ
演目『怪談 恐怖の底より聞こえる救いの呼び声』
《原作:小泉八雲 脚本/朗読:佐野史郎 音楽:山本恭司 講演:小泉凡》

「小泉八雲朗読のしらべ」は、日本を代表する俳優・佐野史郎と世界的なギタリスト・山本恭司によって 2007 年に松江で始まった朗読パフォーマンスで、毎年新たなテーマで上演されています。今年で13年目を迎えるこの朗読は、文学と音楽を融合させたきわめてユニークな芸術文化資源となりつつあります。 この朗読パフォーマンスは、2014 年にハーンの母の故郷ギリシャで、2015 年には父の故郷アイルランドで海外公演を果たし、大きな反響を呼びました。近年、ハーンのオープン・マインドなまなざしが現代社会の文脈の中で再評価され、新しい文化資源として文化創造の活動に活かされていることから、この朗読パフォーマンスもその大き潮流の中に位置づけることができます。 ラフカディオ・ハーンを敬愛する佐野が八雲作品を紡いで脚本を構成し、これに山本のギターをベースにした「音」が加わり、繊細な心の機微を映し出しながら物語の起伏をさらに際立たせていきます。こうしてハーンの世界を具現化していく二人の公演は、新しい文学の表現方法として注目されています。
公演では、ラフカディオ・ハーンの曾孫で民俗学者の小泉凡がレクチャー講演をつとめ、西洋文化を取り入れつつあった神戸にも一時期住居を構えたハーンが描いてきた日本への理解を深めます。
ハーンは、生涯にわたって「語り部」と交わりながら 80 話以上もの再話作品を紡いできましたが、その集大成が代表作『怪談』として結実したと言えます。かつてアイルランドで「佐野の語りは音楽、山本の音楽は語り」のようだと評されたその深遠なイマジネーションの世界を、ハーンの真骨頂とも言える怪談を通して、観客の皆さまに体感していただきたいと思います。
なお、本公演は小泉八雲渡米150年を記念して2019年10月にアメリカ3都市で行われたアメリカツアーの凱旋ライブとしてハーンと所縁のある神戸にて行われるプレミアム公演です。

チケット インフォメーション

前売券発売日 2019/12/15(Sun) 
プレイガイド ローソンチケット ぴあ その他
前売価格 / 当日価格 ¥6,000 / ¥6,500  (ドリンク代 ¥500 別途要)